読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikan_daisuki’s blog

IT系サラリーマンの日記。前職ではスマホゲームを、現在はアプリを作ってます。



【開発者向け】メルカリに関する記事まとめ

メルカリもイケてるのでまとめてみました。


◼︎ はじめに
・社長は山田進太郎さんで、山田さんへのインタビュー記事

◼︎ 楽天時代
・山田さんは、楽天でのインターン時代に、企画の提案しても、エンジニアに難しいと言われてできなかった
・それが悔しかったから、プログラミングを勉強して「映画生活」というサービスを作った
・自分はモノを作る手段としてプログラミングを勉強しただけで、プログラマーの才能があったわけではない
・でも、仕様を考える時に、実装コストを想像できるようになり、エンジニアにとっても明確な仕様が作れるようになったのは大きい

◼︎ Zynga時代
・ウノウという山田さんの会社がZyngaに買収されてから、GMというポジションをやっていた
・やりたいことをいちいちZyngaに説明しなければならないのがもどかしかった
・自分は人の下でイノベーティブなことができないタイプとかんじて、辞めて世界一周旅行してから起業した

◼︎ メルカリについて
・カスタマーサポートが社員数で半分くらいを占めていて、それくらい力を入れている
・サポートがいいよね、と言われるサービスを作りたい
・フリマアプリはレッドオーシャンと言われるが、山田さんはシェアエコノミーというトレンドの中での、モノのC2Cともっと大きな市場としてとらえている

◼︎ 世界一周旅行での気づき
・2012年2月の話
・みんなスマホを持っていた
・連絡先交換は、昔は赤外線通信だったが、今はLINEのID教えたりフルフルするようになっていた
・PCではヤフーが勝者で、もう絶対だれも勝てなかった
・でもスマホでC2Cをやることで、新しいプラットフォームを作れると思った
スマホでは、ホーム画面にアイコンを置いてもらう闘い

◼︎ 山田さんの思想
自由主義で、国家は最小限でよく、個々の裁量が大きいのが好き
シリコンバレーだと、ピーター・ディールという起業家が近い考え
・なので、山田さんの作る仕様は小さくてシンプル。
・ピュアなC2Cは思想にちかくて好き
・企業が介在する仕様は好きじゃない。LINE MALLの企業公式チャンネルとか。

◼︎ ビジョン
・途上国に生まれたからって世界一周したいという望みが叶わない、とかそういうアンバランスをなくしたい
・先進国は資源を使いすぎているので、先進国の人がちょっとずつ我慢して、資源をシェアすることで、途上国の生活レベルが上がるような世界にしたい
・お金より価値の高いサービスを創りたい。Skypeは理想のサービス像。
・今回の起業は、会社を高く売却するとかそういう成功を目的としていない。何十年とやっていきたい
・1兆円でも売る気はない

◼︎ 以降の話
・採用向けの話なので割愛

ひとつの記事が長すぎた。。
都度追加します。