読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikan_daisuki’s blog

IT系サラリーマンの日記。前職ではスマホゲームを、現在はアプリを作ってます。



ぼくは退職金をもらえないので退職します

cild.hatenablog.com

 

バズっているので乗っかってみました。

 

みんなは「退職金」って知ってるかな。会社に長く勤めているともらえるお金のことだよ。その額はときとして数千万円にのぼる幻のビックマネーだ。

 

ぼくの勤める会社では、退職金はでません。

 

だいじなことなので、もう一度言います。

 

 

ぼくの勤める会社では、退職金はでません!!!!!

 

 

・・・それはさておき。

 

 

会社を辞めることになりました

ゲームを作っていましたが、3月で辞めることにしました。

会社を辞めるというのはけっこう大変なもので、いろんな人と話したり、引き継ぎ進めたり、上司にパスしたボールが返ってくるを待っても返ってこなかったりして、どうなってるかツッコミ入れたりして、

気づけば1ヶ月以上、経ってしまいました。

これから辞めて、有給消化して、としていると春になってしまうわけです。

 

「あまり会社を転々とするものじゃないな」

 

としみじみ感じました。

そういう意味では、「石の上にも三年」てのは、悪くない言葉です。

 

今いる会社で、楽しんで仕事できてますか?

退職金なんてどうでもいいのですが、一番大事なのは、「仕事楽しい?」って聞かれたときに、ハッキリと「楽しい」と言える、ないしは思えるかどうか、だと思っています。

不満があったとしても、それは別に問題ではないです。不満があっても、「改善していこう」と思えれば、楽しんで働くことができます。

逆に、「もうどうしようもないな・・・」とか、「今日も会社いきたくないな・・・」とか、なにかしら「諦め」の気持ちが生まれているのだとしたら、黄色信号です。

勇気を出して、外の会社を知る努力をしてもよいのではないでしょうか。

 

ぼくも、ある程度「これはもうキツイなー・・・」という気持ちが生まれたことがきっかけで、転職活動を始めました。転職活動は、もちろん転職を決めたら辞める必要がありますが、在籍したまま活動できるので、気楽なものです。活動した結果として辞めなかったとしても、それが悪いことだとはぼくは思いません。たとえ、今の会社にいて、ちょっとくらい面白くないな、と思っていたとしても、もともとは好きでその会社を選んで入ったのですから。

 

 

本ブログは、ゲームプログラマーの日記じゃなくなります

こちらが本題なのですが、実は、次の職場はゲーム業界ではありません。ずっとゲームを作っていたのですが、違う領域で働いてみたかった、と思っていて、いい機会があったので出てみることにしました。

なので、このブログは「ゲームプログラマーの日記」と称していたのですが、4月からはゲームプログラマーではなくなり、たぶんサーバーエンジニアか、Android/iOSエンジニアか、何者かの日記になっていることでしょう。

もし、自分のゲーム開発関連の記事を定期的に読んでくれている方がいたら、本当に申し訳ないです。

 

まとめ

  • 今の会社にいるのもよいけど、仕事がずっと楽しめない状況なんだったら、とりあえず転職活動してみよう
  • でも、辞めたり入ったりするのは時間かかる。やたら転々とするのはよくない。
  • このブログはゲームプログラマーの日記じゃなくなります。ゴメンナサイ。

ということで、ひきつづき、お付き合いよろしくお願いします。